2017年 各社発売の新商品一覧
「保険情報」掲載分

(注)「保険種類」は編集部の判断。「会社名」は商品発売時点の名称。会社名「PGF」は「プルデンシャル  ジブラルタ  ファイナンシャル」の略。

 

1200ピクセル以上での閲覧を推奨します。

No. 保険種類 会 社 商品名 主な特長 掲載号 発売日ハツバイビ
1 医療保険イリョウホケン 朝日 無配当7大疾病一時金保険(返戻金なし型)S「スマイルセブンα」 「スマイルセブン」の特長に加え、まとまった一時金の2年に1回の支払限度を、『ガン』と『ガン以外の6大疾病』それぞれに適用する 2827 7月
2 メンタル疾患特約 メンタル疾患で入院を60日継続したときに一時金を支払う 2808 4月
3 アクサ 終身医療保険「スマート・ケア」 入院の前後、または手術後に通院をすると「通院治療給付金」を受け取れる。入院の有無を問わずに「手術後の通院」を保障する医療保険は業界初 2829 9月
4 アフラック 「ちゃんと応える医療保険EVER」改定 入院準備にかかる医療費以外の費用にも備えることができる「入院一時金特約」を新設。入院1回ごとに一時金を支払う 2802 2月
5 かんぽ 医療特約 その日からプラス 入院1日目に入院保険金日額の5日分を上乗せして支払い、さらに、入院中の手術だけでなく入院を伴わない外来の手術も保障の対象にした 2834 10月
6 さくら少額短期 無告知型女性特有疾病一時金保険〈なでしこ保険〉 女性特有の7つの疾病に該当した場合、一時金を支払うが、さらに年代別に定めた特定3種の疾病に該当した場合には倍額保障する 2798 16年12月
7  ソニー損保    入院実費型医療保険「ZiPPi(ジッピ) 入院した場合、実際にかかった入院治療費の自己負担分に応じて保険金を支払う 2801 1月
8   「医療保険SURE〈シュア〉」改定 業界初で導入した満60歳以降の保険料を半額にできる「60歳保険料半額特約」などを新設 2801 1月
9 チューリッヒ 「終身医療保険プレミアムDX」改定 被保険者が入院した場合、一時金を支い、給付金額は5万円・10万円・20万円から選択できる「入院一時金特約」を新設 2829 9月
10 T&Dフィナンシャル 家計にやさしい終身医療 過去1年以内に喫煙歴がない場合、主契約の保険料を割り引く 2803 2月
11 ネオファースト ネオdeいちじきん 1日以上の入院(日帰り入院を含む)で最高10万円の一時金を支払う。ストレス性疾病保障特約の付加により、ストレスに起因する疾患などにも対応した 2835 11月
12 通院特約 ガン(上皮内ガンを含む)による入院の退院後の通院については、退院後5年間、支払日数を無制限に保障する 2800 2月
13 明治安田 50歳からの終身医療保険 入院1日以上で入院時支援給付金を受け取ることができ、払込期間中の死亡給付金・解約返戻金をなくした 2839 12月
14 メディケア メディフットA〈シンプルなプラン〉 新設した「がん入院無制限給付不担保特則」を適用したプランにより、メディフィットAではできなかった顧客ニーズへ対応可能となった 2817 5月
15 メットライフ 新終身医療保険「Flexi S(フレキシィ  エス)」 認知症の診断確定で一時金を給付する認知症保障と、引受基準緩和型医療保険商品で要介護状態で一時金を給付する特約を加えた 2824 7月
16 難病治療チリョウ 大同 HALプラス特約 ロボット治療として世界で初めて公的医療保険の適用が認められた「医療用HAL」による治療を保障する業界初の商品 2817 7月
17 ガン保険 AIG富士 新がん ベスト・ゴールド α 「がんベスト・ゴールドα」の特長を継承しながら、悪性新生物診断給付金の2回目以降の支払い時に、給付金を上乗せして支払う「悪性新生物診断給付金割増特則」などを新設 2811 4月
18 アクサダイレクト 「がん終身」改定 ガンの治療のために抗ガン剤治療(入院または通院(往診を含む))を受けたときに給付金を支払う「抗がん剤治療特約」を新設 2809 4月
19 ネオファースト がん診断特約 初回のガン診断給付金の支払い後については、ガン(上皮内ガンを含む)の治療を目的として入院を開始した場合、給付金を支払う 2800 2月
20 抗がん剤治療特約 治療を受けた月ごとに抗ガン剤治療給付金を支払う。抗ガン剤治療給付金は月に1回を限度に無制限に受け取れる 2800 2月
21 ライフネット ライフネット生命のがん保険「ダブルエール」 ガン診断後の治療費に備える「治療サポート給付金」と、ガン治療に伴う休職などによる収入の減少に備える「がん収入サポート給付金」でがん治療をサポートする 2823 8月
22 介護年金ネンキン 三井 介護ねんきん特約 公的介護保険制度の要介護3以上と認定された場合、月額建ての年金を支払う 2834 10月
23 太陽 終身生活介護年金保険〔Ⅰ型〕 終身の年金保障と介護年金保障をセットにすることで、老後の生活資金だけでなく、万が一の介護費用に対しても備えることができる 2833 10月
24 介護保険カイゴホケン 朝日 収入サポート 身体障害者手帳1〜3級の交付または公的介護保険制度の要介護1以上の認定を受けた場合、年金を支払う 2808 4月
25 アイアル少額短期 介護度改善応援保険「明日へのちから」 公的介護保険制度における要支援・要介護認定を受けている人が、自助努力などによって保険期間中に要支援・要介護状態区分を改善した場合、所定の金額のお祝い金(介護改善保険金)を支払う 2833 9月
26 損保ジャパン日本興亜ひまわり 介護一時金特約 公的介護保険制度の要介護1以上と認定された場合や会社所定の高度障害状態に該当した場合、介護一時金を支払う 2813 4月
27 太陽 ひまわり認知症治療保険 「器質性認知症」により、「時間」「場所」「人物」のいずれかの認識ができなくなり、その状態が180日継続した場合、一時金を支払う。全国の「ろうきん」でも発売 2798 1月
28 特定疾病シッペイ 特定疾病・疾病障害保険 3大疾病保障に加え、所定の呼吸器疾患、心疾患、腎疾患、肝疾患、血液・造血器疾患、糖尿病などの11種類の疾病障害状態を保障する。最大2000万円の一時金を支払う 2811 4月
29 終身保険シュウシンホケン ジブラルタ 米国ドル建介護保障付終身保険 (低解約返戻金型) 公的介護保険制度の要介護2以上の状態に該当していると認定されたときなどに、介護保険金を受け取れる 2812 4月
30 T&Dフィナンシャル 生涯プレミアムワールド4 毎年の追加額を累積追加額に加算しながら、生涯の死亡保障を確保していく「積立コース」と、毎年、円で定期支払金額を受け取りながら、生涯の死亡保障を確保していく「定期支払コース」を選べる 2816 5月
31 かんぽ 新ながいきくん   低解約返戻金プラン 普通終身保険(定額型、2倍型および5倍型)および特別終身保険)について、保険料払込期間満了前の解約返戻金を低く設定した 2834 10月
32 ソニー 米ドル建一時払終身保険(無告知型) 契約後の15年間は、契約時に定める逓増率により、死亡保険金額が1年ごとに増加する。健康状態などの告知や医師の診査が不要 2832 10月
33 ネオファースト 「ネオdeとりお(特定疾病保障終身保険 )」改定 最低保険金額を従来の100万円から50万円に引き下げ、「上皮内新生物保障特則」を加えた 2820 7月
34 マスミューチュアル 生存給付金付終身保険 〈未来のバトン〉 生存給付金の給付時期、期間、金額を設定でき、生存給付金を指定の家族へ渡すことができる 2804 2月
35 住友 外貨建一時払終身保険「笑顔の約束」 同社初の外貨建商品。契約後一定期間の死亡保険金額を抑えることで、一定期間経過後の死亡保険金額を指定通貨建てで、大きく増やして遺せる 2814 4月
36 第一 ブライトWay パワープラン 「ブライトWay」を改定した商品で、生前給付保障を充実させたプラン 2815 3月
37 明治安田 外貨建・エブリバディプラス 死亡保険金額は契約日から5年経過後に増額する。外貨での運用成果を円で自動的に確保できる 2823 8月
38 変額終身保険ヘンガクシュウシンホケン 三井住友海上プライマリー 通貨選択一般勘定移行型変額終身保険「おもい、ふくらむ」 ロールアップ死亡保障により、契約日の1年後から移行日前日まで、毎年基本保険金額にその0.5%が加算され、死亡保険金額として最低保証する 2819 5月
39 定期保険テイキホケン  明治安田 1年更新型定期保険 支払事由を死亡・高度障害保険金のみにするとともに、配当方式を無配当とすることなどにより低廉な保険料を実現した 2801 2月
40 ソニー 生前給付逓減定期保険 生前給付分野の総合保障商品として、死亡保障に加え、三大疾病、所定の障害・要介護状態を保障する 2807 4月
41 三井 定期保険-Mプラスケア 「定期保険ーM」に新特約「介護サポート年金特約」を付加した。公的介護保険制度の要介護2以上、所定の要介護状態・高度障害状態に該当した場合、年金を支払う 2809 4月
42 楽天 限定告知型定期保険(払戻金なし)「楽天生命たよれる定期」 保険金額は最大1000万円まで、100万円単位で契約でき、保険期間は10年・20年・60歳まで・65歳まで・90歳までの5パターンから選ぶことができる 2826 7月
43 エヌエヌ エマージェンシープラス 3種類の保険金(災害死亡保険金・重度疾病死亡保険金・死亡保険金)で、経営者の死亡リスクへの重点保障を可能にした 2840 12月
44 日本 プラチナフェニックス 契約当初一定期間、傷害以外を原因とする死亡保険金抑制し、保険料を抑えながら、経営者の健康状況に合わせた効率的な保障の準備ができる 2810 4月
45 三井 大樹セレクト お守りプラス 3年ごとおよび満期時に被保険者が生存している場合にお守りボーナス(生存給付金)を受け取ることができる「生存給付金付定期保険特約」を主力商品「大樹セレクト」に付加した 2834 10月
46 変額保険ホケン 東京海上日動あんしん 新変額保険(有期型)「マーケットリンク」 顧客の新たな品揃えとして保険期間中の万一の保障を確保するとともに、保険期間満了時に満期保険金を受け取れる 2819 8月
47 日本 ニッセイ指定通貨建生存給付金付変額保険「夢のプレゼント」 「円で目標設定タイプ」では、生存給付金の円受取額に目標を設定し、毎年、円で一定額となるように調整することを目指す 2831 10月
48 収入保障ホショウ アフラック 「家族に毎月届く〈生命保険 GIFT〉」改定 保険期間のバリエーションを拡大し、50歳〜65歳までは1歳刻みで保険期間を設定することができる 2802 2月
49 東京海上日動火災 5疾病収入補償 最長70歳まで長期間にわたり補償する。就業不能などが30日超継続した場合に保険金を支払う 2825 10月
50 三井住友海上あいおい 「&LIFE 新総合収入保障」「&LIFE 新収入保障」 働けなくなった場合、「公的制度に連動した基準」または「会社基準」に該当した場合、年金を受け取れる 2805 4月
51 養老保険ホケン 明治安田 米ドル建・一時払養老保険 金融機関向けに発売した「堅実ねんきん」をベースにアレンジした商品で、保険期間中の死亡保険金額・解約返戻金額を基本保険金額までに抑えている 2823 8月
52 学資保険ホケン JA共済 学資応援隊 「こども共済」を改定し、契約年齢の拡大、共済金払込免除不担保特則の新設や中学・高校プランを新設 2813 4月
53 特約組立クミタテガタ 住友 プライムフィット 各種特約による「就労不能・介護保障」「死亡保障」「医療保障」を組み合わせて契約する。顧客が各種保障を必要に応じて組み合わせられるようになった 2815 3月
54 P免 三井 楽々名人(介護型) 公的介護保険制度の要介護2以上および所定の要介護状態(180日継続)の場合で、「無配当定期保険(主契約)」について以後の保険料払い込みを免除する 2809 4月
55 個人年金コジンネンキン 第一 とんちん年金〈ながいき物語〉 年金支払開始日前に死亡または解約した場合の支払額を抑えることで、年金額を大きくした 2810 3月
56 PGF 円払込定額型米国ドル建終身保険Neo 「介護タイプ」の選択や特約を付加することによって、介護にも備えることができる 2830 8月
57 T&Dフィナンシャル 無配当外国為替連動型個人年金保険(通貨選択・Ⅰ型)〈ファイブテン・ワールド〉 「保険金最低保証特約」「年金払介護保障特約」を付加することで、据置期間中の死亡保険金額や介護保険金額は円で最低保証される 2844 12月
58 かんぽ 長寿のしあわせ 年金受取開始前に被保険者が死亡した場合や解約した場合に支払う返戻金を低く設定し長生きした場合の年金の受取額を大きくした 2834 10月
59 マニュライフ 外貨建終身年金「ライフタイム・パートナー」 「終身年金プラン」と「介護年金プラン」の2つのプランがあり、「介護年金プラン」では要介護2または3認定者が対象 2818 5月
60 外貨建定額個人年金保険「パワー・カレンシー(介護保障タイプ)」 介護に備えつつ、資産運用も行いたい顧客向けの「据置プラン」と、要介護2または要介護3に認定されている顧客向けの「即時払プラン」の2つのプランがある 2829 8月
61 三井 自動すえ置き機能付円換算支払特約 年金を円に換算して受け取るか、指定通貨のまますえ置くかを自動的に判定する 2824 7月
62 太陽 長寿生存年金保険 死亡保障を無くし解約払戻金を低く設定することで年金受取額を大きくした 2833 10月
63 変額年金ネンキン クレディ・アグリコル 年金原資確定部分付変額個人年金保険(通貨指定型)「アクティブチャンス」 万一のときの保障および年金原資が指定通貨建てで最低保証されている 2820 6月
64 第一フロンティア プレミアベスト 運用期間満了時に積立金額の最高額を外貨建てで保証する 2838 11月
65 確定給付キュウフ  日本 確定給付企業年金保険(無配当) 予定利率は0.25%を下限として、国債利回りに応じて変動、払い戻しなど控除がない 2803 4月
66 明治安田 確定給付企業年金向けリスク抑制型新運用プラン 新運用プランは「特別勘定(専用投資対象別口)」と「専用の一般勘定」を用いて運用する。運用は、2つのプラン・4つのタイプから選択できる 2812 4月
67 第一 「年金債務対応総合口」「債券総合口ハイブリッド型」 年金財政の運用目標(予定利率)だけでなく、企業会計上の年金債務の変動にも着目する新しいタイプの商品 2807 4月
68 確定拠出キョシュツ ソニー 確定拠出年金(個人型) 長期間の運用に適した信託報酬が低水準の商品を新たに7本追加した。これにより、選択できる運用商品が計18本となった 2800 1月
69 就業不能フノウ SBI生命 団体信用就業不能保障保険 住信SBIネット銀行の住宅ローンを新規で利用する顧客を対象に、「全疾病保障」の団体信用就業不能保障保険 2820 6月
70 日本 もしものときの・・・生活費 保障する病気やケガを限定せず、精神疾患も保障する。入院・在宅療養・障がい等級2級以上の状態を保障する 2830 10月
71 三井住友海上・あいおいニッセイ同和 親の介護による休業補償特約 要介護状態の親を介護するため、企業などの従業員が勤務先の就業規則に基づく介護休業を取得した際に減少する所得の一部を補償する 2814 10月
72 あいおいニッセイ同和 働くエール(所得補償保険) 未婚の女性や既婚で子供 がいない女性など向けに、収入損失に対する不安に対応する 2838 10月
74 傷害保険ホケン  明治安田 明治安田生命おてがる自転車 月々270円からのお手軽なプランで、自転車運転中の事故を含む交通事故等によるケガや日常生活上の賠償事故に備えることができる 2812 4月
75  au損保・KDDI ヘルメット着用中死亡特別保険金補償 「ヘルメット着用中の死亡事故に対して保険金を支払う特約」をセットした自転車向け保険 2802 1月
76 サービス 第一 企業・団体向けWEBサービス 「働くわたしの医療保険」の加入者(本人・家族)用で、「歩数記録」「体重記録」「健康日記」「健康関連情報コンテンツ」などを利用できる 2822 6月
77 自分銀行・あいおいニッセイ同和 らくっとネット手続き 「らくっとネット手続き」はあいおいニッセイ同和損保が開発した火災保険契約手続き。じぶん銀行の住宅ローン専用火災保の契約申し込みがネットで完結する 2822 6月
78 アクサ 「アクサメディカルアシスタンスサービス」拡充 「アクサメディカルアシスタンスサービス」に、「Doctors Me(ドクターズミー)」と「介護・リハビリサポートサービス」を追加した 2827 9月
79 損保ジャパン日本興亜 個人向け安全運転支援サービス「ドライビング!」 個人向けテレマティクス サービスに、綜合警備保障と連携した事故現場への駆けつけなどの新サービスを追加し、自動車保険の特約として提供する 2835 18年1月
80 三井住友海上・NECネッツエスアイ サイバーリスク補償保険付きサービス サイバー攻撃による情報漏えいや第三者の業務の阻害などによって発生する法律上の賠償責任や各種費用を補償する 2836 10月
81 損保ジャパン日本興亜ひまわり 医療用入院一時金特約 入院開始当日に入院一時金を支払う「入院一時金即日支払サービス」を開始。これにより、顧客は入院する前に一時金を請求することができる 2840 11月
82 財産補償 日新火災海上 財産補償保険「MONO保険」 現行の物保険商品(動産総合保険、機械保険、運送保険、盗難保険等)を統合し、オールリスク補償に統一した 2842 10月
83 自動車 大同火災 「自動車保険」改定 「車両新価保険特約」について、特約対象期間を「初度登録(初度検査)年月から61カ月以内」に拡大した 2798 1月
84 イーデザイン損保 「自動車保険」改定 契約自動車に想定外の事故が発生し、被害者に生じた損害を補償の対象となる人が負担するために支出する費用を補償する「被害者救済費用等補償特約」の新設 2816 7月
85 SBI損保 「個人総合自動車保険」改定 「セーフティ・サポートカー割引の導入」「地域別料率の導入」「個人賠償責任危険補償特約」などを新設した 2838 18年1月
86 自転車 au損保 「自転車向け保険」商品改定 「家族タイプ」の保険料について補償内容の見直しと保険料の値下げを行い、個人賠償責任補償については「自転車向け保険」の全プランで2億円以上とした 2831 9月
87 信用保険ホケン カーディフ損保 火災・自然災害時のローン返済の保障 自然災害や火災をはじめとする一般災害によってローンの対象建物が損壊し、居住できない状態となった場合、住宅再建までの〈居住不能期間〉の月々のローン返済額を最長36カ月間保障する 2840 11月

 

制作 株式会社保険社 保険情報・ネットソリューション・チーム

住所 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-2-8 サンユースビル2 4階

電話 03-3317-0391

 

メール webs2@hoken■.com (■をshaに替えて送信してください)

○掲載内容の複写などにつきまして

 当ウェブサイトのコンテンツを無断で複写等することはできません。

○ 掲載内容につきまして

 当ウェブサイトの掲載内容は精査をしていますが、これを保証するものではありません。

 ○個人情報の取り扱いにつきまして

 当ウェブサイトを通じて取得した個人情報は厳重に管理し、当社からの連絡・通知以外の用途以外には使用しません。

 

→プライバシーポリシーについて

 Copyright 2016 Hokensha. All Rights Reserved.