2019年5月17日 2917号

 

メディケア生命 なぜ「おくすり保険」か?

 

通院による薬剤治療で重症化予防

日本初、治療第3フェーズから保障

 

しゃしん うつみしょうひんきかくぶちょう入院に軸を置いた現状の医療保険ではカバーしきれていない、通院による薬剤治療を保障する新しいカテゴリーを創出─。メディケア生命は4月17日、おくすり保険「メディフィットEX」の説明会を開催した。

 

内海信商品企画部長(=写真)は、治療の進行に応じて6つのフェーズを示し、第3フェーズを十分に保障できる医療保険はなく、「メディフィットEX」は第3フェーズ段階から保障できる日本初の商品と強調。6つのフェーズは次のとおり。

 

第1フェーズ(健康)=予防、健康管理。

第2フェーズ(予備群)=運動療法、食費療法。

「健康診断や人間ドッグを受けたり、ジムで運動するなど自助努力で健康増進を進めていく段階」と内海部長。

第3フェーズ(内科的療法)=薬剤治療。

「健康増進への取り組みが不十分な場合は、もう一段階フェーズが進み、薬剤治療による重症化予防になる第3フェーズに入る。第3フェーズ段階で、薬によって症状を適切のコントロールすることで、それ以降のフェーズに進むことや重症化を予防することができる」

第4フェーズ(外科的療法)=入院・手術

第5フェーズ(重症)=重度の身体状態

第6フェーズ=死亡。

 

また、各フェーズに対応する商品として、第4フェーズでは「メディフィットエース」、第5フェーズでは「メディフィットプラス」、第6では「メディフィット収入保障保険」などがある。

 

対象となる疾病は9つ。ガン、心疾患、脳血管疾患の三大疾病、動脈・静脈疾患(エコノミー症候群)、腎疾患(腎炎)、肝疾患(B型肝炎)、膵疾患(膵炎)、それに入院や手術を伴うことの少ない糖尿病、脂質異常症。これら9疾病は生活習慣病とも重なる。

 

支払対象を「医薬品ナビ」で確認

 

支払対象の薬剤は1400品目。ジェネリック医薬品も対象。今後、新薬が開発されても、既存の薬と同等の効能・高価がある、など同社所定の要件に該当すれば、対象となる。

 

9つの疾病の支払対象薬剤では、ガンはホルモン剤も含めた抗ガン剤。心疾患、脳血管疾患、動脈・静脈疾患は抗血栓薬。腎疾患はステロイド薬などの免疫抑制薬。肝疾患はインターフェロン製薬などの抗肝炎ウイルス薬。

 

膵疾患は蛋白分解酵素阻害薬、糖尿病はインスリンなどの注射薬、脂質異常症は2016年に開発されたばかりのPCKS9阻害薬など。

「飲んでいる薬が対象になるだろうか」という疑問には、「医薬品ナビ」を提供。支払対象の薬を簡単に検索できるシステムで、アジャストと共同開発。同社のウェブ上で広く公開する取り組みは業界初という。

 

医薬品名の一部を入力し、検索ボタンをクリックすると、その下に対象となる医薬品名が列挙される。さらに「支払対象の病名」をクリックすると、その薬の対象となる疾病が列挙される。支払対象にならない薬品名を入力しても何も表示されない。

 

また、小冊子「おしえてドクター 知っておきたい病気とお薬のこと」(A4判・31ページ)を作成。

 

医療保険とガン保険の保有件数は、医療が3600万件、ガンは2400万件あるが、「メディフィットEX」は保障内容がほとんど重複しない。

 

内海部長は「追加で加入することで、医療保険がさらに充実した内容に生まれ変わる。各フェーズに合う医療保険があり、それをバランスよく組み合わせ、自分にぴったりの医療保険を準備することが重要。『メディフィットEX』を加えることで、人生100年時代に向けた安心の商品ラインナップが完成する」と自信を示す。

 

販売チャネルは、メインチャネルの保険ショップを中心に、銀行の窓口でも販売する。住友生命の営業職員による販売は考えていない。販売目標は初年度3万件。

 

同社の保有件数は2019年2月、70万件を突破。開業から8年10カ月となる。また、住友生命グループの保険ショップは「ほけん百花」と「保険デザイン」があり、店舗数は90数店。

 

引き受けがやや厳しくなる服用中

 

Q 支払対象となる薬剤をどのように選定したか。

内海 根治や重症化予防の作用をもつメインの治療薬を支払対象薬に選定している。様々な薬があるが、その治療の重症化予防のキー薬剤となるものを基本的に保障する。

一般的に一つの疾病に対しては複数の薬剤が投与されることがあるが、根治や重症化予防の作用を持つ、メインとなる治療薬以外にも、症状緩和やその他の作用がある薬剤が投与されるケースも多い。ガンでは抗ガン剤がメインだが、痛み止め、吐き気止めなど、様々な薬剤を同時に投与することがある。

解熱で使われるアスピリンは心疾患の治療にも使われることがあるが、比較的軽度な状態で使用されることが多く、今回は対象外。

糖尿病では、経口血糖降下剤が比較的初期段階で使用される。「これを保障しては」という考え方は確かにあるし、我々も考えた。薬剤治療に伴い経済的負担の観点では、経口血糖降下剤は数百円から数千円で負担は少ない。多くの人に処方されるので、結果として保険料が非常に上がってくることになりかねない。

また、軽い状態から保障すると、結果として健康な人と非常に近くなるので、引き受け範囲が極めて狭くなる。このようなことを総合的な勘案して、比較的軽度であったり薬剤費がそれほど高額でないものは、保険料や引き受けの観点を踏まえて対象外にした。

 

Q 販売現場で、保障されない薬剤があることについて説明はできるか。

内海 「医薬品ナビ」を使うことで、対象となる薬剤が分かる。もう一つは小冊子「おしえてドクター 知っておきたい病気とお薬のこと」の主な薬剤一覧で、「このお薬ですか」と確認をして、医薬品ナビに入力すれば、対象かどうかが分かる、この二段構えで提案できる。

 

Q 加入の制約は。

内海 治療の薬を服用している人は、引き受けがやや厳しくなる。最終的には、薬剤の処方状況だけでなく、様々な観点を総合的に考慮する。対象となる疾患の治療目的で薬剤が処方されているがどうかを確認する意味で、診断書を提出する。

それ以降は「継続した治療」と判断ができれば、処方の明細書が発行されるので、それをそのつど提出するだけで、給付金を支払う(商品概要は5月10日号に掲載)。

 

 

2面 生保協会

 

「創立110周年記念報告書・提言書」刊行

人生に必要な要素「3つのP」に整理

 

生保協会は創立110周年を記念して「生命保険協会110周年記念報告書・提言書」と、生保会社の資産運用を通じた「株式市場の活性化」と「持続可能な社会の実現」に向けた取組みについての報告書を作成した。その概要を紹介する。

 

3面 解約返戻金

 

本格的な給付となり、品格求められる

慶応義塾大学大学院 特任教授 山内 恒人

 

解約返戻金とは何か。答えは時代によって変遷するが、結果論としての解約返戻金ではなく、保険金などと同様の「給付」として位置づけられる能動的な役割を持つ解約返戻金が登場してきて、問われるものは何か。

 

6面 法人開拓

 

法人営業のABC

Eノート活用法㊼ 配偶者の税額軽減

税理士 池谷和久

 

今回のテーマは「配偶者の税額軽減」。ケースによっては相続税がゼロとなる納税者にとって美味しい制度ですので、是非ともマスターしてください。配偶者は1.6億円または相続分まで無税です。

 

7面 社会保障

 

社会保障なんでも相談センター

生活困窮者自立支援制度

社会保険労務士 園部喜美春

 

生活困窮者の自立を促進するため、各自治体が①自立相談②就労準備支援③就労訓練④一時生活支援⑤住居確保給付金の支給⑥家計相談支援事業⑦生活困窮世帯の子どもの学習支援を任意も含め実施しています。

 

8〜9面 販売支援

 

コミュニケーション・ツール

都道府県別「世帯数の将来推計」

からライフプランニング

 

今回は国立社会保障・人口問題研究所が4月に公表した「日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)」をピックアップ、都道府県別のデータをセールストークの「場づくり」に織り込んでいきます。

 

10面 新商品

 

アクサ生命

「マイ・セラピー」

 

従来商品より「化学療養給付金」の給付範囲を拡大。また、「緩和療養給付金」の支払限度を60カ月に拡大し、さらに、ガンと診断確定した場合、最高1000万円まで保障する「ガン・上皮内新生物一時金特約」を新設した。

 

11面 商品改定

 

SBI生命

「クリック定期!Neo」

 

従来商品である「クリック定期!」の保険期間を、年満了5種類、歳満了6種類の11種類に拡大した。これにより、保険期間・保険料払込期間が10年より長い期間を希望する顧客にも対応できるようになる。

 

15面 採用

 

組織長への道

性格別に見た拠点長との付き合い方

 

異動のない組織長は、その間に何人もの拠点長に仕えることになるが、中には気やソリの合わない拠点長が赴任してくることもある。そんな時はどう対応したらよいか? 拠点長のタイプごとに対応法を考えてみる。

 

[トピック]

 

初めてのブランドキャンペーン

FWD富士生命は4月から初のブランドキャンペーンを開始した。

「人生を楽しもう」を広告メッセージに、保険を考える人生の節目である「就職」「結婚」「子育て」「セカンドラ イフ」の 4 つのライフステージを描いた広告を展開 。

テレビコマーシャル、キャンペーンサイトの他、インスタグラム、デジタル広告、新聞広告、屋外広告の展開を予定。

同社は、「人々が抱く『保険』に対する感じ方・考え方を刷新する」をブランドビジョンとして掲げ、このキャンペーンを通じて FWDブランドの認知を向上し、差別化されたチャレンジャー ブランドとしてのイメージの強化を図る。

友野紀夫代表取締役社長は、「人生を楽しもうというメッセージが、お客さまの共感を得て、また、お客さまにFWD富士生命を保険のパートナーとしてお選びいただくきっかけになることを願っています」 とコメント。

また、5月8日からネット型セカンドオピニオンサービス「Findme F(ファインドミーエフ)」を提供。同社のガン保険の被保険者が対象。対象疾患は乳ガン、卵巣ガン、子宮ガン。一般的なセカンドオピニオン外来とは異なり、自宅でネットを通じて受けることができるのが特徴。リーズンホワイトが提供する。

 

保険ショップ

◇保険クリニック(アイリックコーポレーション190店舗)

イオンモール堺鉄砲町店=4月19日。大阪府では6店目。堺市堺区鉄砲町1 イオンモール堺鉄砲町2階。10時~21時。定休日はなし。

◇よくわかる!ほけん案内(アフラック)

イオン三好店=4月3日。愛知県みよし市三好町青木91番地 イオン三好店アイ・モール1階。10時~20時。定休日なし。

 

制作 株式会社保険社 保険情報・ネットソリューション・チーム

住所 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-2-8 サンユースビル2 4階

電話 03-3317-0391

 

メール webs2@hoken■.com (■をshaに替えて送信してください)

○掲載内容の複写などにつきまして

 当ウェブサイトのコンテンツを無断で複写等することはできません。

○ 掲載内容につきまして

 当ウェブサイトの掲載内容は精査をしていますが、これを保証するものではありません。

 ○個人情報の取り扱いにつきまして

 当ウェブサイトを通じて取得した個人情報は厳重に管理し、当社からの連絡・通知以外の用途以外には使用しません。

 

→プライバシーポリシーについて

 Copyright 2016 Hokensha. All Rights Reserved.