2019年1月18日 2896号

 

第一生命 認知症保険

 

米ベンチャー企業と初の協業

 

保険だけでなく予防・早期発見も

スマホアプリ  目の動きで認知機能テスト

 

しゃしん てらもととりしまりやくとかぷらんCEO米国シリコンバレーの優れた企業と協業を行い、認知機能テストを導入することができた。グループとしてこれからも積極的にパートナー企業と協業し、QOLの向上に向けた新たな価値創造にチャレンジしたい─。寺本秀雄第一生命ホールディングス取締役はこう述べた。(写真=寺本取締役(左)とエリー・カプランCEO)

 

第一生命は昨年12月18日、「ジャスト」シリーズのひとつとして「認知症保険」を発売。11月20日には「第一ライフイノベーションラボ」で説明会を行った。

 

認知症保険では「3つの安心」の視点から専用サービスを充実させた。

①予防・早期発見

②心のケア

③保険金請求サポート

 

この狙いについて、岩井泰雅執行役員(同ホールディングス)はこう指摘する。

 

「経済的負担をカバーするだけでなく、被保険者、その家族が安心できるように、認知症予防ならびに早期発見、精神的な負担を軽減するための専用サービスを用意した」

 

予防・早期発見で最大の訴求ポイントが認知機能チェックツール。米国のスタートアップ企業「ニューロトラック」(エリー・カプランCEO)と、認知症の拡大抑制に向けて戦略的パートナーシップを結び、スマホアプリ向けにアレンジした。同ホールディングスが海外のスタートアップ企業と協業するのは初めて。

 

ニュートラック認知機能テストは、5分間のテストで目の動きを計測して、認知機能のリスクや経年変化を早期に発見する。同社がエモリー大学のスチュアート・ゾーラ博士の30年の研究成果をもとに開発した。

 

第一生命では、この認知機能テストを「健康第一認知症予防アプリ」に搭載。テスト結果は2営業日後に届く。このようなスマホアプリは、生保業界では初めて。

 

認知機能テストは、すでに米国の生保でも提供されており、全世界での利用者は10万人以上。

 

また、「頭の元気度」をチェックするアプリ「パネルでチェック」も提供。画面が光った順番を指示通りにタッチするもの。

 

この二つのアプリは、ヘルスケアサービス提供会社「QOLead」が提供。同社は昨年6月、第一生命ホールディングス傘下に設立したもので、岩井執行役員が社長を兼務。QOLeadは健康第一アプリをかんぽ生命にも提供する。

 

アルソック  別居の家族に代わり在宅確認

 

南部雅実常務執行役員(第一生命)は「認知症保険」開発の背景として、次のようなデータを指摘。高齢化を背景に要介護の認定者は年々増え続け、2025年には730万人になる。介護状態になった4人に1人は認知症が原因。

 

さらに、独自のWeb調査を実施から、心配事として「家族に迷惑をかけたくない」が一番多く、中でも女性は8割以上が回答という姿が浮かび上がってきた。

 

「代わりに訪問サービス」は、「認知症の人と家族の会」の声をもとに、ALSOKと共同開発した。家族などからの電話依頼で警備員が訪問するサービスは生保業会では初めて、契約後2年後から、保険期間を通じて最大5回まで利用できる(1年に1回の利用権)。無料。

 

南部常務執行役員は「認知症予防の取り組みをいかに行うか、認知症になった場合の経済面負担、精神的な負担にいかに備えておくか。本人だけでなく、家族にとっても豊かで健やかな生活を送る上では欠かせない」と強調する。

 

高齢者でも手頃な保険料を訴求

 

Q 認知症保険をマーケットにどのように浸透させるのか。

南部 60代以上がメインターゲット。そうすると保険料はかなり高くなるが、認知症と要介護1の条件を満たした場合に一時金を支払うことで、お手頃な保険料で提供する。ここをしっかり伝えていきたい。告知が少ないので、健康に不安がある人も加入できる。専用サービスも活用してしっかりと 認知症保険を広めたい。営業職員のセールストークの標準化を図るために動画も作成した。

 

Q 認知症保険の販売で力を入れる点は。

南部 認知症保険に特化した販売をメインに考えているが、その他の保険とのも組み合わせもできるので、それを含めて認知症保険全体の件数を上げていきたい。

認知症保険は「ジャスト」シリーズの一つとなり、「ジャスト」は昨年3月発売以来、すでに50万件を超えた。認知症保険によって、さらに「ジャスト」の販売も促進したい。

 

Q 今後、ニューロトラックの他にも優れた技術を持った企業とタイアップし、商品・サービスの開発を進めるのか。

岩井 認知症以外に、医療費や社会保障費にインパクトを与えている疾病にはガン、脳梗塞、心筋梗塞があり、早期発見・予防、重症化予防の取り組みがとても求められている。また、糖尿病も患者数が伸び続ける予測もある。

生活習慣の改善が求められる疾病の領域については、新しい技術による早期発見、予防、重症化予防に取り組みたい。

 

Q 生保はベンチャー企業とタイアップしているが、商品化された時にはロイヤリティはどのように発生するのか。

寺本 認知機能テストは、QOLeadが資産として持つ形になるが、第一生命が利用料をQOLeadに支払い、QOLeadを通じてニューロトラック社に支払われるという流れになる。

岩井 パートナーにロイヤリティを支払うものや、その量に応じて契約金額が少し変わっていくものなど、いろいろな契約形態を組み合わせて提供している。

QOLeadが自社で開発して、資産であるアプリのサービスコストは、第一生命、ネオファースト、かんぽ生命から利用料をいただき運営をする。

 

2019  新春トップメッセージ

 

◆2面

生命保険協会 会長 稲垣精二

生保労連 中央執行委員長 大北隆典

◆3面

全労済 代表理事理事長 中世古廣司

生保ファイナンシャルアドバイザー協会 理事長 石井清司

生命保険文化センター 代表理事 鈴木勝康

◆4面

少額短期保険協会 会長 杉本尚士

 

5面 保険クイズ

 

「保険クイズ」で正月気分を吹き飛ばせ!

慶應大学大学院理工学研究科 特任教授 山内恒人

 

新春保険常識クイズをやりましょう。40問ありますが、2~3問を除いてほとんどは正誤を尋ねています。何問できるでしょうか? 第1問は「生保標準生命表は10年ごとに変更することになっている」。

 

6面 法人開拓

 

法人営業のABC 245

エンディング・ノート ㊴

税理士 池谷和久

 

「遺言書保管法」が成立し、2020年7月に施行が予定されています。自筆証書遺言が法務局で保管可能にもなり、故人の遺志を確実に相続人に伝えられます。存在の有無も即座に調査できます。

 

7面 社会保障

 

社会保障なんでも相談センター

「知っているようで知らない社会保険労務士」

社会保険労務士 園部喜美春

 

社会保険労務士は、昨年制度発足50周年を迎えました。社会保障と国民を仲介する身近な存在ですが、その業務範囲は非常に広く、事業主向けには労務管理や助成金の申請業務まで行います。

 

8〜9面 販売支援

 

コミュニケーション・ツール

認知症の介護問題からライフプランニング

 

認知症の患者さんは600万人程度いると推定されますが、その症状は千差万別です。介護の現場の雰囲気をどうつかみ、どう咀嚼していくのか。介護保障こそ生きた募集話法の体得が必要な分野です。

 

10面 新商品

 

オリックス生命

「災害保障重視型定期保険」

 

2月4日発売予定。災害を原因とする死亡・高度障害を重点的に保障する経営者向けの商品。死亡保険金・高度障害保険金を事業保障資金などの財源として活用できる。なお、2項目の告知で申し込み可能。

 

12〜14面 特別紙面講座

 

高齢者住まいアドバイザー検定

監修・執筆 満田将太

 

「高齢者住まいアドバザー」は、介護、介護保険、年金、老後の住まい、老後の費用などについての専門知識を有する専門資格。介護保険や認知症保険の販売にも役立つ新しい資格だ。

 

[トピック]

 

公的保障試算ツールをバージョンアップ

オリックス生命は1月、「ねんきん定期便でわかる! 公的保障試算ツール」のバージョンをアップする。

同ツールは昨年6月3日からウェブサイトに公開。ねんきん定期便の情報とアクセス者へのヒアリング情報をもとに4つの公的保障(老齢年金、高額療養費、傷病手当金、遺族年金)の概算額を試算できる。

アクセス数は累計で2万4000件あるが、同社は、ステップ2での離脱が多いことを問題視。各画面の遷移率は、ステップ1を100とすると、2が75、3が43、試算結果が44になる。

改善策として、ねんきん定期便が手元にない場合でも、その情報を推定できる次のような仕様を追加。

①ステップ2で「ねんきん定期便がお手元にない方はこちら」のテ  キストから、ポップアップ画面へ誘導

②専門質問項目を表示

③ロジックを追加して試算結果を表示

「ねんきん定期便を持ち合わせていない人の離脱を防ぎ、試算結果までの到達数増加を狙いたい」という。

 

シニア顧客向けの新サービス開始

日本生命は4月から、シニア契約者向けの新サービスを開始。名称は「GranAge Star~老後も、その後も、自分らしく」。

同サービスは、NPOりすシステムが提供する 「身元引受保証」「日常の生活支援」「任意後見」 「葬儀や納骨等の亡くなった後の対応」に、「暮らしのサポートデスク」を付加した有償サービス。このようなパッケージされたサービスは生保業界初。

暮らしのサポートデスクは、定期的な見守電話や健康介護・マネー相談、特別 企画付シニア旅行の案内などを提供するもの。

サービス提供エリアは、多摩ニュータウン周辺の多摩市・立川市・日野市など。今後、 順次エリアを拡大していく。

「今後も『人生100年時代のベストサポーター』として引続き、シニアのお客さま向け商品・ サービスを拡充し、高齢社会の様々な課題の解決に努めたい」という。

 

 

制作 株式会社保険社 保険情報・ネットソリューション・チーム

住所 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-2-8 サンユースビル2 4階

電話 03-3317-0391

 

メール webs2@hoken■.com (■をshaに替えて送信してください)

○掲載内容の複写などにつきまして

 当ウェブサイトのコンテンツを無断で複写等することはできません。

○ 掲載内容につきまして

 当ウェブサイトの掲載内容は精査をしていますが、これを保証するものではありません。

 ○個人情報の取り扱いにつきまして

 当ウェブサイトを通じて取得した個人情報は厳重に管理し、当社からの連絡・通知以外の用途以外には使用しません。

 

→プライバシーポリシーについて

 Copyright 2016 Hokensha. All Rights Reserved.