今週の主な紙面 2016年5月13日 2767号

ライフネット生命

新たな成長軌道にどう乗せるか

スマホ武器にサービスで優位性

 

年間の新契約件数は3年連続減少。どのように反転させるのか。ライフネット生命の岩瀬大輔社長(写真)は4月13日、新契約は「下げ止まった」とした上で、重点取り組みについて説明した。スマホ中心のライフスタイルに合った、エッジの効いたマーケティングによって、存在価値をさらに高めることができる、と自信を示す。

 

就業不能 「ガン保険」のように広めたい

 

しゃしん いわせQ 2015年度新契約件数は前年度比10・1%減の2万5150件となり、年間の新契約件数は3年連続減少した。どう受け止めているか。

岩瀬 新契約業績は月次で発表しているが、対前年同月比でようやく底打ちした。中期的にダウントレンドが続いたが、ここ6カ月間は少し下げ止まりしている。

 

Q 今後、どのような対策を打つのか。

岩瀬 3つのチャネルで伸ばしていきたい。1点目がこれまでのネット生保。昨年度は実質的な黒字化を達成するために全社的に経費を絞り、昨年12月時点で実質的な利益ベースで6億円の黒字化となった。今年度も引き続きマーケティング費用は節約するが、もう一度エッジの効いたマーケティングをしたい。

また、3月から医療保険の給付金請求手続きをスマホで簡単にできるようにした。これは業界初の試み。給付金の支払いは最短で、退院した2日後に着金する。保険料は10分の1にできないが、支払い日数は10分の1に短縮できる。スマホを使ったサービスの優位性を訴求することで、「ライフネットはいいな」と思っていただける活動をしたい。

2点目は就業不能保険を対面チャネルで販売する。昨年度から、ほけんの窓口グループをパートナーとして取り組み、来店型ショップ「ほけんの窓口」で販売している。

日本では普及率が非常に低い。少しアンビシャス(意欲的)な目標として、アフラックが1970年代にガン保険を広めたように、これから必要になる生きていくために保険として、就業不能保険を広めていきたい。

3点目はKDDIとのパートナーシップ。4月5日から「auの生命ほけん」として販売を開始した。3000万人のauユーザーがいて、店舗は全国に約2500店あり、毎月の来店者は延べ1000万人といわれている。今、チラシで案内しているが、それなりに大きな意味がある。

 

Q auショップへの支援はどのような形になるのか、今後、拡大していくのか。

岩瀬 KDDIがオーナーシップを持って、生保、損保、住宅ローンをご案内する態勢を構築していくだろう。その中で、生保のご案内の後方支援をする。現在、2名が出向中。まずはスモールスケールで着実に成功事例を作りながらじっくり進めたい。

 

auのほけん 経済的ベネフィットの一要素

 

Q 「auの生命ほけん」の契約者は、KDDIに対して、セット割を申し込むと携帯電話通信料が割り引かれる。保険業法で禁止されている特定利益の供与に当たらないか。

岩瀬 au経済圏のいろいろなサービスを使うことで、「より便利によりお得にする環境を作る」という全体のサービス設計の一つになっている。住宅ローンをじぶん銀行でどうですか、保険はライフネット、au損保でどうですか、と提案し、そうすることで加入手続きが便利になり、さまざまな形で経済的ベネフィットが得られる仕組みになっている。

今回、保険料の割り引きはしていない。WALLETポイントの付与と通話料のインセンティブの形になっている。

 

Q その原資はどこから出てくるのか。

岩瀬 auのさまざまな販促施策の中から出ている。ライフネットがWALLETポイントのために資金を直接提供するという整理にはなっていない。代理店手数料は出しているが、その中から出しているのか、それを超えて出しているのか、ということはauの事情なので分からない。

 

幅広い顧客層へのリーチが課題

 

Q ライフネット生命は8年前に誕生した時、脚光を浴びた。その後、8年が経過して大手生保のチャネル戦略も大きく変わってきた。ネットチャネルと対面チャネルとの融合やオムニチャネル化が進められている。今後、ネット専業としてのレーゾンデートルを創り出せるか。

岩瀬 できると思う。ヒントはPCからスマホにシフトしたことだ。スマホを肌身離さず持ち歩くことによって、われわれとお客さまとの距離感や関係性が質的に変わった。

東日本大震災では、「このような時、営業職員がいるといいでしょう」と言われた。今、再び起きた時、営業職員が訪問することと、スマホで請求の連絡をしていただくのとでは、どちらがお客さまとの距離が近いだろうか。

もう少し、スマホ中心のライフスタイルとの接点部分を膨らましていくことで、お客さまとの新しい距離が築けるのではないか、一部のニッチかもしれないが……。

 

Q スマホの利便性で新しいリレーションシップが生まれている。

岩瀬 ここ数年、マーケティングが下手だったと反省している。スマホを使いこなしている契約者からは「すごく便利」と評価されている。特に、共働きで子育している夫婦は「これが便利」という。

これから30代になる世代で、デジタル・ネイティブで、スマホを肌身離さず持ち歩く、共働きで子育している人たちには「対面でなくてもいい」とスマホのメリットを感じている。生保はこれだけ大きなマーケットなのだから、5%〜10%の人がこのような選択をしてもおかしくない。

課題は、そのメリットをどのようにして知っていただき、どのように届けるか。これはCMでは上手く伝わらない。入院経験者は、医療保険の給付金請求手続きをスマホで完結するこを「とても良い」と言うが、若い人で入院をしたことのない人にはなかなかメリットが伝わらない。元気のいいマーケティングを模索している。

 

Q 開業して8年目なるが、どんな経営課題を抱えているか。

岩瀬 大きな課題が二つある。一つはどのように幅広い顧客基盤にコスト効率よくリーチするか。もう一つはブランドへの信頼。

「auの生命ほけん」では、「ホワイトレーベル」と呼ぶOEM提供をしている。多くのお客さまにコスト効率よくリーチでき、お客さまは商品選択上のさまざまな不安を感じずに選べる。このような形の保険の届け方をしたい。

 

2面 保険流通

(株)Do it プランニング

大澤 誠代表取締役

 

生命保険会社や大型代理店の営業第一線で長年活躍してきた大澤誠氏が、昨年6月に設立した同社は、設立から一年足らずで93名の社員(コンサルタント)を擁するまでに成長した。その軌跡を聞く。

 

3面 資産運用

今から始める資産運用の勘所㉓

中田 裕

 

今回は海外の不動産です。人口増加などで住宅需要の拡大が続き、経済も力強く成長している国の不動産に投資をすれば、所得や物価の上昇と共に将来的な家賃の上昇も見込みやすく、利回りが一段と高まっていく可能性があります。

 

4〜5面 法人開拓

中小企業経営者のライフプランを法人保険で支援

第18回  マイナス金利に負けない保険 保険サロン渡辺 代表渡辺文憲

 

私はリタイヤしたいと思っていますが、非常に難しい事態を引き起こしかねないと周りから説得されています。退職金のためにせっかく貯めた保険が無駄にならない、何か良い方法を考えてください。

 

6面  法人開拓

法人営業のABC

社長さんにお伝えしたい「生前贈与」節税法⑭ 税理士 池谷和久

 

「二次相続」まで考慮する場合、奥さまが社長さんと同じ歳の場合の「平均余命」は11.7年、5歳年下なら15.6年、10歳年下なら19.8年と20年近くになります。この期間を有効に使います。

 

 

8〜9面 法人販売

法人FPの教科書 法人論⑴

税理士 井上得四郎

 

私は23歳の時、会計事務所に就職した、その日から経営者と話をする。以来45年、自分もまた経営者に変わり、事業承継も終えた。経営者に対しては先輩である。経営者に対する違和感はない。

 

10面  新商品

オリックス生命

「特定疾病保障保険ウィズ」

 

オリックス生命は5月2日、終身・低解約払戻金型と定期・無解約払戻金型の「特定疾病保障保険ウィズ」を2種類発売した。このうち最長90歳まで保障する定期・無解約払戻金型の特定疾病保障保険は業界で初。

同社の調査によると、罹患した場合に経済的負担などの不安を感じる疾病は、「ガン、脳卒中、心筋梗塞」がそれぞ約半数以上を占めており、そのような不安を払拭するため、長期治療で休業を余儀なくされた場合でも、罹患前と同等の生活水準を維持する保険として「特定疾病保障保険ウィズ」を新たに開発した、という。

なお、この商品の発売により、従来の「特定疾病保障保険」は5月1日をもって販売を停止した。

詳細については未発表であるが、概要を紹介する。併せて、「特定疾病保障保険ウィズ」との比較のため、従来の「特定疾病保障保険」の保障概要を見ておこう。

 

 

◆特 長

【終身・低解約払戻金型】

・ガン・急性心筋梗塞・脳卒中を終身にわたり保障し、所定の事由に該当したとき特疾病保険金を支払う。死亡の場合は死亡保険金を支払う。

・保険料払込期間中の解約払戻金を抑制し、保険料を抑えている。

・不慮の事故により、所定の身体障害状態なった場合は、以後の保険料の払い込みは免除され、そのま保障が継続する。

・保険料払込期間は「短期払い」と「終身払い」がある。

・「短期払い」の場合、保険料込終了後の解約戻金で効率的・計画的な資産形成することができる。

・急性心筋梗塞・脳卒中の支払事由をより分かりやすくするため、「60日以上の労働制限や後遺症継続」だけでなく、「治療を目的とした手術」を追加した。

【定期・無解約払戻金型】

 

・ガン・急性心筋梗塞・脳卒中を一定期間保障し、所定の事由に該当したとき特定疾病保険金を支払う。死亡の場合は死亡保険金を支払う。

・解約払戻金のない特定疾病保障保険は業界初。解約払戻金をなくし、保険料を抑えている。

・不慮の事故により所定の身体障害状態なった場合は、以後の保険料の払い込みは免除され、そのま保障が継続する。

・保険期間は更新がなく保険料が途中で上がらない「歳満了」と、最長90歳まで契約が自動更新される「年満了」(更新時に保険料が上がる)から選べる。

・急性心筋梗塞・脳卒中の支払事由をより分かりやすくするため、「60日以上の労働制限や後遺症継続」だけでなく、「治療を目的とした手術」を追加した。

・「定期・無解約払戻金型」を、医師の診査や新たな告知をすることなく、「終身・低解約払戻金型」や終身保険など新たな契約に切り替えることができる。

 

◆保険料例

①終身・低解約払戻金型

表1のとおり。

ただし、保険金額=1000万円、月払い(口座振替扱い)の場合。

②定期・無解約払戻金型

表2のとおり。

ただし、保険金額=1000万円、月払い(口座振替扱い)の場合。

 

 

11面 少短新商品

エイ・ワン少額短期保険

「シルバーあんしん+(プラス)」

 

要介護度が上がった場合はお見舞金、要介護度が下がった場合はお祝い金を支払う。AプランとBプランがあり、各プラントにはお見舞金額とお祝金額が異なる3コースがある。最も保険料が安いAプラン梅コースの年払保険料は13,390円。

 

14面 営業所経営

実践!営業所経営

採用と育成の成功事例  32

 

着任当初の陣容は8名で、しかも採用=増員の風土がまるでなかった。採用の導入源はタウン紙などの広告媒体を利用したが、定着率が著しく悪かった。従って職員の増員に対する意識改革が必要だった。

 

 

 

制作 株式会社保険社 保険情報・ネットソリューション・チーム

住所 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-2-8 サンユースビル2 4階

電話 03-3317-0391

 

メール webs2@hoken■.com (■をshaに替えて送信してください)

 

掲載内容の複写などにつきまして

 当ウェブサイトのコンテンツを無断で複写等することはできません。

 

掲載内容につきまして

 当ウェブサイトの掲載内容は精査をしていますが、これを保証するものではありません。

 

個人情報の取り扱いにつきまして

 当ウェブサイトを通じて取得した個人情報は厳重に管理し、当社からの連絡・通知以外の用途以外には使用しません。

 

→プライバシーポリシーについて

 

Copyright 2015 Hokensha. All Rights Reserved.